【医師監修】妊娠初期の症状、妊娠初期に気をつけること

【医師監修】妊娠初期に気をつけることなど、妊娠初期の情報を紹介します。

【医師監修】つわり対策

shutterstock_246882310

「つわり」は妊娠初期に起こる、主に吐きけや食欲不振、胃の消化不良などの不快症状をさします。始まるのは妊娠5週ごろからで、以降妊娠10週ごろにピークを迎え、妊娠16週ごろに終わるのが一般的。約9割の妊婦さんがつわりを経験しています。

つわり対策として以下のことを試してみましよう

□気分が悪くなるような、いやなにおいは避ける
□1回の食事でたくさん食べるのではな く、何回かに分けて少しずつ食べる
□ 空腹時につわりがひどくなるケースも多いので、 就寝前や起床直後に軽食を口にする

気分が悪くなるような、いやなにおいは避ける妊娠中はママの体内のホルモンレベルが急激に上がります。 50~90%の妊婦は、妊娠をサポートするエストロゲン(女性ホルモン)、プロゲステロン(黄体ホルモン)、hCG等のホルモンの増加や、炭水化物の代謝の変化に体が順応しようとすることによって起こる吐き気を経験します。

ほとんどの場合、吐き気はにおい、とくに調理中に発生するきついにおいなどが引き金になります。窓を開けたり、換気扇を回すなどして、換気を心がけてください。

1回の食事でたくさん食べるのではなく、何回かに分けて少しずつ食べる疲労やストレスがたまっていたり、ビタミン、ミネラル、炭水化物などが不足した食生活は、つわりの症状をひどくします。

 少量のパンやパスタなどを何回かに分けで食べるほうが、少ない食事回数で、一度にたくさんのスパイシーな食品や高脂肪食品を食べるよりも消化はよくなります。

妊婦は満腹すぎず、空腹すぎないほうが気分がよいようなので、食べすぎたり、お腹が空きすぎたりしないように気をつけましょう。

空腹時につわりがひどくなるケースも多いので、 就寝前や起床直後に軽食を口にするつわり(英語でmorning sickness)は、 通常、朝起きてすぐに起こるので、このように名づけられました。

クラッカーや塩味のスナックなどを食べてから、ゆっくりと起き上がることによって、つわりを軽くすることができます。

吐き気に関しては、通常は妊娠5週から始まり妊娠3ヵ月頃までにそのピークを迎え(その頃にhCGの分泌がピークを迎えるため)、妊娠4ヵ月以降は劇的に軽くなっていきます。

大変なのは、昼夜を問わず、いつでも起こる点です。 妊娠時の吐き気をおさえるのにはビタミンB6がよく使われており、一般的には摂取後数時間以内に症状が治まります。
ビタミンB6の摂取量に関しては、主治医に相談しましょう。

吐き気をおさえる食べ物

吐き気をおさえるために何か口にしましょう。 ショウガ、レモン、ペパーミント、甘草(リコリス)などは、吐き気をおさえます。 残念なことに、前回の妊娠時に役立った方法が、今回の妊娠では役に立たないこともあります。

【医師監修】妊娠初期のセックス

bed

思いやりをもって無理のないセックスライフを

セックスは夫婦の絆を確かめ合うコミュニケーンヨンのひとつ。

お互いに求め合っているのであれば妊娠中のセックスはいいと思います。
とはいえ、妊娠初期はつわりでセックスどころではない、おなかが張ってしたくない、という人も。

妊娠中の女性の気もちや体の変化にきづけない男性もいます。

そんなときはつわりが落ちつくまで待って』『おなかが張ったら途中でやめてもらうかも』など「傷つけないよに、
やさしくていねいに」伝えることが必要です。

切迫流産・早産が心配という声も聞かれますが、妊娠初期のセックスが切迫流産・早産の原因になるという医学的データはありません。医師から控えているようにいわれていなければ問題はないでしょう。

一方で、妊娠経過が順調でもセックス中に異常を感じたらすぐに中断して。

それでもやっぱり妊娠中のセックスに不安がある妊婦さんもいると思います。そんなときは、挿入にこだわらないスキンシップを。

妊娠初期のセックスでいちばん大事なのは「お互いを思いやること」だと思います。セックスをしたいときはして、したくないときはほかの方法で仲よくする。ママとパバが仲よくしていれば、おなかの亦ちぎんにもきっといい影響がありますよ。

【医師監修】妊娠初期の切迫流産

threatened

切迫流産になっても約80%は無事出産できます

妊娠22週以降は、赤ちゃんがおなかの中から出ても、さまざまな処置を施せばなんとか生きていけるとされています。

そのため、それ以降を『早産』、それ以前を「流産」といいます。

流産の多くは妊娠12週までの初期に起こっています。その約80%は受精卵の染色体興常や奇形が原因です。

もともと育つことがむずかしい受精卵なので、残念ながら、流産を止めたり、予防したりすることはできません。

とはいえ、おなかの赤ちゃんの心拍が確認されている場合は「妊娠初期の出血」や「妊娠初期のおなかの痛み」などの症状があっても、約80%の妊婦さんは無事出産を迎えることができます。

胎盤が完成する妊娠12週を過ぎれば、ひとまず安心。妊娠12週までは。無理せず安静にして過ごしましよう。

初期流産の原因 妊娠12週未満

・受精卵の染色体異常や奇形

・毋体側の原因

・原因不明

ほとんどが受精卵の異常によるもので、残念ながら安静にしても止められないことも。母体側の原因としては、子宮の奇形や子宮筋腫などのトラブルがあります。

切迫流産になったら安静にするのが基本

おなかの赤ちゃんの心拍が確昭されていて切迫流産と診断されたときは、安静が第一です。

自宅で安静にすればいいのか、入院したほうがいいのか、医師の指示に従って、きちんと体を休めましよう。

妊娠12週以降に切迫流産の徴候が見られた場合は、安静にする以外に張り止めの薬を使って子宮の収碕を抑えることがあります。

大腸菌やクラミジア、トリコモナスなどが原因で子宮頸管炎を起こしていて、おなかの張りを感じるときは。
抗生物質の腟錠や内服薬などを使っての治療も必要になります。


【医師監修】妊娠初期の切迫流産
最新記事