teeth

妊娠中はホルモンの変化や免疫力の低下によって、歯や歯ぐきにトラブルを起こす「歯周病菌」や「むし歯菌」がふえやすくなります。

唾液が少なくなる人も多く、口に残った食べかすや雑菌を洗い流す機能も衰えるので、歯周病やむし歯になる危険も増大。

つわりや、おなかが大きくなって胃が圧迫される時期に少しずつ食べることも、原因の一つになります。

口の中の細菌は血液にのって運ばれるため全身に悪い影響があり、妊娠中は早産のリスクが高まる可能性も。むし歯に比べて自覚症状がない歯周病はいつの間にか進行するので、日ごろからケアを。

妊娠中に歯周病になると、胎児の順調な成長を妨げたり、早産になるリスクが高まることがわかっています。

原因ははっきりわかっていませんが、歯周病菌が出す毒素が、子宮を収縮させるホルモンとよく似ているためと考えられています。

歯ぐきから出血したり、口臭が気になったりしたら、すぐに歯科を受診しましょう。

産後は赤ちゃんのお世話で忙しく、自分のために時間を使うことはむずかしいもの。一度は歯科健診を受けましょう。赤ちゃんがいても通える歯科を探しておくと、産後あわてずにすみます。

麻酔や薬、赤ちゃんへの影響は?
「妊娠中」と最初に伝えれば大丈夫です妊娠中であることを伝えれば、薬の処方が必要な場合も、妊娠中でも問題ないものにしてもらえます。麻酔は局所用なので胎児に影響はありませんが、過去にアレルギー反応が出たことがある場合は、忘れずに伝えましょう。

歯と歯ぐきのトラブルがふえる理由


歯周病菌は女性ホルモンが大好き!
妊娠中はエストロゲンやプロゲステロンなどの女性ホルモンがふえます。
歯周病菌の中には女性ホルモンが好きな菌がいるため、歯周病菌も増加。妊娠前の何倍も歯周病にかかりやすくなるのです。

免疫力の低下で菌がふえやすくなる

妊娠中は、赤ちゃんを「異物」として攻撃しないようにするため、体に侵入してくる菌やウイルスに対抗する免疫力も低下します。歯周病菌やむし歯菌と闘う力も弱くなるので、体や心の変化が大きく、疲れやすい妊娠中は、歯周病菌やむし歯菌がふえやすいといえます。

つわりなどで歯磨きがおろそかになる
妊娠中は、つわりで歯磨きができなかったり、ちょこちょこ食べたりすることもあるため、プラーク(歯垢)をなかなかとり除くことができず、増殖してしまいます。