【医師監修】妊娠初期の症状、妊娠初期に気をつけること

【医師監修】妊娠初期に気をつけることなど、妊娠初期の情報を紹介します。

エコー

【医師監修】妊娠15週の症状と赤ちゃん、妊娠15週のエコー

15weeks

妊娠線はおなかの皮膚の真皮層が、表皮がのびるスピードに追いつかず、断裂が起こる状態。

妊娠線のケアは、まだおなかが大きくなる前からスタートしましょう。

肌細胞にうるおいをしっかり与えることが大事。オイル、クリーム、ローションなどいろいろあるので、好みのつけ心地のものを選んで。

妊娠15週は不調がおさまり、仕事も家事も元気にこなせるようになる人もふえてきます。

でも疲れたときはお茶を飲んで一息ついたり、おなかの赤ちゃんに読み聞かせしたりしてリラックスを心がけてください。


妊娠15週の赤ちゃんの様子

妊娠15週の赤ちゃんは体をつくる骨がしっかりと確認できます

頭の大きさはピンポン玉ぐらい。超音波からは背中に通る背骨や腕や足の骨がくっきりとわかります。

この時期になると口をあけたり閉じたり、ふれたものに吸いついたりするようになります。

ママは、ようやくつわりから解放される時期。おなかの赤ちゃんの成長とともに、出産まで充実した時間を過ごしたいものです。


【医師監修】妊娠14週の症状と赤ちゃん、妊娠14週のエコー

14weeks

ホルモンバランスが急激に変化するときは、体だけでなく、メンタル面も変化します。

妊娠して性格まで変わってしまった!?と思うほど、イライラしたり、メソメソしたりという変化が起こることも。今はこういう時期と知っておくだけでも、感じ方は違ってくるかもしれません。

妊娠14週を過ぎると、多くの人がつわりが解消し、行きたい場所&食べたいものを楽しめます。

外食は出産前のお楽しみですが、カロリーと塩分には注意。


妊娠14週の赤ちゃんの様子

ますます赤ちゃんらしい体つきになります。体全体が超音波写真におさまるのも妊娠14週~妊娠15週ごろまで。

これ以上大きくなると1枚におさまらず、顔だけ、胴だけ、足だけと部分ごとに見ていくことになります。

外性器もできてきますが、超音波検査での判断はむずかしい時期です。もう少し先のお楽しみにとっておきましょう。

【医師監修】妊娠13週の症状と赤ちゃん、妊娠13週のエコー

13weeks

マタニティマークは本来、妊娠中に何かあったとき、救急隊員が適切な処置をすばやくできるようにと作られたもの。

妊娠初期はおなかも目立だないので、混んだ電車の中など危険を感じるときは、妊婦であることがすぐにわかるようにマタニティマークを活用しましょう。

妊娠13週は心身ともに徐々に落ち着き、食事も元に戻るころ。つわりのときのように食べたいだけ食ぺていると大変なことに! 食事を見直しましょう。


妊娠13週の赤ちゃんの様子


胎盤が完成し、赤ちゃんはへその緒を通してママから酸素や栄養をもらって成長していきます。

手足などの体の各器官がほとんど完成するとともに、嗅覚や味覚も発達します。

横を向いて指をしゃぶったり、足を交差させたり、愛らしい赤ちゃんの動きをします。

【医師監修】妊娠12週の症状と赤ちゃん、妊娠12週のエコー

12weeks

妊娠12週ではまだおなかはペタンコかもしれませんが、おなかを冷やすと血行が悪くなってしまうので小さい下着をつけていた人は、そろそろきちんとおなかをおおう下着にかえましょう。

デザインに抵抗があった人でも、つけてみるとはき心地がよくて戻れない、という声がよく聞かれます。

つわりがおさまった人もいるかもしれませんがまだ続いている人も多いでしょう。体調が回復したら、妊婦ファッションやベビーグッズのお買い物が楽しめます。


妊娠12週の赤ちゃんの様子


胃や腎臓、膀胱など内臓器官ができ上がり、人間として必要な器官がほとんど完成する時期。

骨や筋肉も発達し、全身を動かしたり、羊水の中でクルクル回ったり、元気に活動しています。

超音波検査で赤ちゃんの活発な姿を見れば、つわりが長引いているママも勇気づけられるでしょう。

【医師監修】妊娠11週の症状と赤ちゃん、妊娠11週のエコー

11weeks

つわりがない場合もあります。上の子のときはつらかったのに次の妊娠ではまったくなんともないことも。

そんな場合は、つい妊娠していることを忘れてしまって無理をしてしまうということもあります。

つわりがなくても、妊娠している体だということは忘れずに、体をいたわって過ごしましょう。

運動は安定期に入るまでの辛抱ですが散歩やストレッチはokなのでだるいときは家の周りを歩いたり、ストレッチで肩甲骨を動かすだけで、気分がパッと晴れます。


妊娠11週の赤ちゃんの様子


妊娠11週の赤ちゃんが指やつめがつくられ、こまかな動きも可能に

エコーではまん丸い胎嚢にくっきりと人の形があらわれ、頭や胴、手足、顔がはっきりと区別できるでしょう。

手の指やつめがつくられるのも、ちょうどこのころ。早くもかわいい足でキックしたり、手と足をいっしょに動かしたりできるように。

きちんと聞こえるのはもう少し先ですが内耳が形成され、音の伝わる構造ができ始めます。


【医師監修】妊娠10週の症状と赤ちゃん、妊娠10週のエコー

10weeks

妊娠10週の赤ちゃんの大きさは、たったの10gでいちご1粒分しかありません。

もし、この時期に体重がふえたとしたら、それは食べづわりのせいかもしれません。

空腹感から吐きけがするのが食べづわりなのでしかたがありませんが、つわりの時期が過ぎたら正常な食生活に戻しましょう。


ストレスはつわり悪化のもとです

仕事の疲れやストレスがたまると、つわりがよけいに重くなります。

仕事を続けている妊婦さんは、いつもよりもペースダウンするように心がけて。

休日はしっかりと休むこと。


妊娠10週の赤ちゃんの様子


かわいらしい顔をエコーで確認できるかも
3頭身の体に、鼻やあご、唇などが形づくられ、あごのラインも少しはっきりしてきます。

妊娠10週後半ぐらいから超音波検査で、その愛らしい姿を確認できることもあります。

つわりがひどくて滅入っているママも、こんな超音波写真を見れば、自分のおなかの中で「ひとりの人間の命が育っている」と元気が出るはずです。


【医師監修】妊娠9週の症状と赤ちゃん、妊娠9週のエコー

9weeks

つわりで食べたり飲んだりがつらいような場合は、妊娠初期に便秘になることがあります。

これは、食事量が減るために水分補給不足になるから。気持ちが悪くて食事量が減っても、ママの栄養は優先的に赤ちゃんに送られますが、水分だけは意識してとるようにしましょう。

よそから漂ってくる夕飯のにおいに気持ち悪くなる人もいるでしょう。つわりがあるのも、おなかにベビーがいるからこそ。

つわりの合間は友人と会うなど、うまく気分転換を。

妊娠9週の赤ちゃんの様子


妊娠9週の赤ちゃんは脳組織が発達し、動きも激しくなってきます。

頭、胴、足がはっきりと分かれ、心臓もすっかりでき上がりました。

超音波映像(エコー)で頭の中が黒く見えるのは、脳組織が発達中の証拠。足をちょこちょこと動かしたり、手を合わせるようなしぐさをしたりします。

ママはつわりで動けなくても、赤ちゃんはおなかの中ですくすくと成長中!

【医師監修】妊娠8週の症状と赤ちゃん、妊娠8週のエコー

8weeks

もう少し前から、つわりを感じる人もいますが、妊娠8週になるとつわりがある人はムカムカする感じが出てきます。

まったくつわりを感じなくても心配ありませんが、逆に重度のつわりで水も飲めないような場合は非常に心配です。

体重が4kg以上減るような場合は入院することもあります。


つわりは期間限定のつらさです。


多くの人がつわりに悩まされていますが「この体調の悪さは期間限定」ととらえ、ゆったり過ごしましょう。

音楽や映画など前向きになれる自分なりのアイテムを見つけましょう。


妊娠8週の赤ちゃんの様子

妊娠8週には二頭身に手足がついたような形が見え始め、“胎芽"を卒業じ胎児"と呼ばれる時期に入ります。

超音波(エコー)の映像からは手足をハタハタと動かしている姿が見えることもあります。横向きになっていたら、へその緒が見えることも。

妊娠8~妊娠11週には赤ちゃんの頭からおしりまでの長さ頭殿長(CRL)を測定し、正確な妊娠週数、出産予定日を算出できます。

【医師監修】妊娠7週の症状と赤ちゃん、妊娠7週のエコー

7weeks

妊娠すると、おなかよりも先に胸に変化があらわれます。

月経前のように、胸が張り、乳首が敏感になってチクチクするような妊娠初期症状が出てきます。

これは、妊娠を継続させるためのホルモンが大量に出るため。

産後、母乳が出るように、急激に乳腺が発達していくからなのです。


妊娠中はカフェイン控えめに

妊娠中のカフェインの過剰摂取はNG。コーヒーなら1日1杯、紅茶なら2杯程度は大丈夫です。

おいしいノンカフェインドリンクもたくさんあります。


妊娠7週の赤ちゃんの様子


チカチカ光って、生きてるって知らせているみたい

妊娠7週目ごろになると、小さなお豆が頭と胴に分かれて二頭身になり、ちゃんと人間らしい形になってくるのがわかります。

こまかい心臓の動きから心拍も確認されます。超音波検査(エコー)ではあまりに小さくて見えませんが、目、耳、鼻、口もつくられ始めています。

【医師監修】妊娠6週の症状と赤ちゃん、妊娠6週のエコー

6weeks

胃がムカムカしたり吐きけだけがつわりではありません。

眠いだるいとにかく寝ていたいような体調不良も一種のつわり。

横たわると子宮に優先的に血流が届くので、おなかの赤ちゃんからの「休んで」のサインでもあります。

風邪の初期症状にも似ていますが風邪薬を使うのは慎重にしてください。

「とにかく生野菜!」「ピリ辛味が食べたい」など、つわり中の食の好みは人それぞれです。

家で食ぺれば、そのときに自分が食べたいものを作れます。カロリーや塩分を減らせるのもあります。


妊娠6週の赤ちゃんの様子

心拍が確認されれば、晴れて妊娠確定です。

画面上で点滅しているような動きが確認されます。
これが心拍と呼ばれる心臓の動き。

条件によっては確認できないこともあるので、あまり気にしすぎないようにしましょう。

妊娠初期は胎嚢のほか心拍を見て妊娠が順調かどうかを判定します。

多胎かどうかもこの妊娠6週にわかると思います。

最新記事