【医師監修】妊娠初期の症状、妊娠初期に気をつけること

【医師監修】妊娠初期に気をつけることなど、妊娠初期の情報を紹介します。

妊娠12週

【医師監修】妊娠初期の切迫流産

threatened

切迫流産になっても約80%は無事出産できます

妊娠22週以降は、赤ちゃんがおなかの中から出ても、さまざまな処置を施せばなんとか生きていけるとされています。

そのため、それ以降を『早産』、それ以前を「流産」といいます。

流産の多くは妊娠12週までの初期に起こっています。その約80%は受精卵の染色体興常や奇形が原因です。

もともと育つことがむずかしい受精卵なので、残念ながら、流産を止めたり、予防したりすることはできません。

とはいえ、おなかの赤ちゃんの心拍が確認されている場合は「妊娠初期の出血」や「妊娠初期のおなかの痛み」などの症状があっても、約80%の妊婦さんは無事出産を迎えることができます。

胎盤が完成する妊娠12週を過ぎれば、ひとまず安心。妊娠12週までは。無理せず安静にして過ごしましよう。

初期流産の原因 妊娠12週未満

・受精卵の染色体異常や奇形

・毋体側の原因

・原因不明

ほとんどが受精卵の異常によるもので、残念ながら安静にしても止められないことも。母体側の原因としては、子宮の奇形や子宮筋腫などのトラブルがあります。

切迫流産になったら安静にするのが基本

おなかの赤ちゃんの心拍が確昭されていて切迫流産と診断されたときは、安静が第一です。

自宅で安静にすればいいのか、入院したほうがいいのか、医師の指示に従って、きちんと体を休めましよう。

妊娠12週以降に切迫流産の徴候が見られた場合は、安静にする以外に張り止めの薬を使って子宮の収碕を抑えることがあります。

大腸菌やクラミジア、トリコモナスなどが原因で子宮頸管炎を起こしていて、おなかの張りを感じるときは。
抗生物質の腟錠や内服薬などを使っての治療も必要になります。


【医師監修】妊娠初期の切迫流産

【医師監修】妊娠12週の症状と赤ちゃん、妊娠12週のエコー

12weeks

妊娠12週ではまだおなかはペタンコかもしれませんが、おなかを冷やすと血行が悪くなってしまうので小さい下着をつけていた人は、そろそろきちんとおなかをおおう下着にかえましょう。

デザインに抵抗があった人でも、つけてみるとはき心地がよくて戻れない、という声がよく聞かれます。

つわりがおさまった人もいるかもしれませんがまだ続いている人も多いでしょう。体調が回復したら、妊婦ファッションやベビーグッズのお買い物が楽しめます。


妊娠12週の赤ちゃんの様子


胃や腎臓、膀胱など内臓器官ができ上がり、人間として必要な器官がほとんど完成する時期。

骨や筋肉も発達し、全身を動かしたり、羊水の中でクルクル回ったり、元気に活動しています。

超音波検査で赤ちゃんの活発な姿を見れば、つわりが長引いているママも勇気づけられるでしょう。

最新記事